大空の支配者

自称サイクル勢の日記。マンダ軸中心。

TOP

f:id:megagoukazaru:20180207225011j:plainf:id:megagoukazaru:20180207225041j:plainf:id:megagoukazaru:20180207225108j:plain
ポケモンが大好きな割りばしと申します。
ポケモンについて思ったことを書いていきたいと思います。
スマホからの編集になるのでPCからだと見辛いかもしれません。
まだまだ未熟者ですがよろしくお願いします。

もしブログをリンク貼りたい人とかいればご自由に。

PC版のヘッダーはハオさんからいただきました。

Twitter
@waribashi114514

構築
ORAS
シーズン15使用構築~優しい精霊と踊る暴龍~最高&最終2014 - 大空の支配者
SM
S3使用構築 鉄壁サイクルテッカマンダX 最高2017/最終1874 - 大空の支配者
S5使用構築 裏切りのリザゲンガー 最高1940/最終181× - 大空の支配者
S6使用構築 夢幻サイクルテッカマンダ+ブルルドラン 最高最終2003 - 大空の支配者
S7使用構築 無敵要塞ボス•ブルル 最高2005/最終1892 - 大空の支配者
S8使用構築 鋼鉄サイクルテッカマンダレヒレ 最高2019/最終1945 - 大空の支配者

•ブログリンク
サラマンスター(ポケモン)(ブライトンさん)
真実を貫く剣(クラウディアさん)
夢で高く翔んだ(ハンドタオルさん)

日記

(さっさとどきやがれクソババア、俺は急いでんだよ。

別にお前を轢いちまおうと俺にとってはなんの問題もねーんだよ、そのまま逃げてやるよ。

いい加減気配くらい感じ取りやがれ、てかこの狭い道をトロトロ歩いて占領してんじゃねぇよマジで。

ちょ、ほんと早くしろって。急いでんだって、イライラしてんだって。

え?やるぞ?ほんとにぶっ飛ばすぞ?知らんぞマジで?

え?いやほんとにさぁ。

だぁぁぁぁぁ!もぉぉぉぉぉ!!!)

キュッ

俺「あ、すいませーん•••」

 

 

 

 

 

 

 

 

日記

欲張りミミッキュ

f:id:megagoukazaru:20180524125150j:image

ミミッキュってミラーとテテフ意識しないなら実はそこまでS伸ばす必要ない説。

てかテテフも襷は臆病だし、他はS切って耐久回してるかスカーフかって感じだからそんなに気にしなくて良さげ。

だから準速まで伸ばすのはミミッキュミラー以外で効果が薄い気がする。いや、ミラーめっちゃ大事なんだけどさ。
f:id:megagoukazaru:20180524131144j:image

A191メガボーマンダの恩返し乱数25%

最速ガッサ抜き

 

3秒クオリティだしもっといい配分あるだろうけど、こういうのもいたらすげーめんどくさいなって話。

無意味な努力

誰も見てない今の内にちょっと危ない記事書いてみようのコーナー

閲覧は自己責任で

 

 


f:id:megagoukazaru:20180522211456j:imagef:id:megagoukazaru:20180522211520j:image

※画像は特定の個人とは関係ございません

僕はポケモンというゲームにおいて、よっぽど方向性が間違っていない限り「全く意味のない努力」は存在しないと考えている。

が、やはり努力して何かをするというのは疲れるもの。全く意味がないとまでは言わないまでもかなり効果の薄い努力をひたすらに続けたところでモチベが枯れるだけで殆ど何も得ることが出来ないという、かなり損をした気分になる。

じゃあ限りなく無駄に近い努力とはどんなものなのか。そんなお話。文字多くて疲れるし多分読んでる人も俺自身も何言ってるかわからない内容になるからここらでブラウザバック推奨。

 

まずは机上論でひたすら考察し続けるの。

これ僕は結構不味いと思ってる。

何故なら環境が見えないから。

例えば、極端な話だがゲンガーをガッツリメタった構築でレートに潜ったとする。

ゲンガー軸には全勝できると意気込んでいても、実際にマッチングするのがカバマンダばかりだと上手くレートを伸ばすことが出来ないだろう。

あまりに極端な例だし、カバマンダなんてエアプでも対策するって言われそうだからもうちょっと身近な例でいくと、S9中終盤にかけてジャラランガというポケモンが急激に増加した。

もし実際の環境を知らずに机上論で考察し続けて出来上がった構築がジャラランガに薄かった場合、必死に組み上げた構築は音を立てて崩れ去るだろう。

こうなると、この机上論の考察に費やした時間は勿体無い時間になると言っても否定は出来ないだろう。(もちろん考察によって得たものもあるため全くの無駄にはならないだろうが。)

だからまあ最低限の対戦数は必要だと思っている。単純に、実践で得た経験は活かしやすいってのもあるしね。

少ない対戦数で勝ってる強者がいる?ああいうの結局レリセしてたりサブロムとかSDとかで潜ってるよ。大半の人はなんだかんだ言いながら潜ってるのよ。

 

んじゃ、ひたすら潜り続ければいいのかというとそういう訳でもないと思ってて。

例えば自分の構築が話にならないレベルで弱いと潜っても得られる経験値は薄い。

更に問題は、当たり前だけど弱いとレートが伸びない。これは即ち、潜っても環境が見えないことに繋がる。

14とか13で環境調査とか言ったところで殆ど意味がないのはみなさんご存知のはず。

 

そしてもう一つ、ただ単なる強弱だけでなく学びやすい構築と学びにくい構築があることも考慮するべきだろう。具体例は避けるけど、使っていてもプレイングとかを学びにくい構築、みなさんも心当たりがあるのでは?

そういう構築を使うのがダメとは言わないが、経験値を得るという意味では少々効率が悪いということは理解しておこう。

 

まあ要するにどちらかに振り切るのもダメでまず潜って、改善点を見つけてから考察して。

ポケモンではこの繰り返しのバランスが重要だと考えている。あくまで僕は。

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに肝心の僕は今エアプなんですがね。

前期のポケモン

f:id:megagoukazaru:20180518212259j:image
※サムネ用。友情出演:木魚さん


そろそろ怒られそうなのでポケモンの記事でも。

構築記事書く気はやっぱりないけど、前期色々使ったから軽くそれについて語ろうかなって感じ。

 

f:id:megagoukazaru:20180518212051p:plainガオガエン
f:id:megagoukazaru:20180518212331j:image
f:id:megagoukazaru:20180518212529j:image

調整意図

HB→A156ミミッキュf:id:megagoukazaru:20180518212657j:imageの+1ぽかぼかフレンドタイムが6.3%の低乱数1発

 

解説

誰もが考えたであろうHBランドロスf:id:megagoukazaru:20180518212738j:imageもどき。

まあ大体のメガf:id:megagoukazaru:20180518212812j:imagef:id:megagoukazaru:20180518212837j:imagef:id:megagoukazaru:20180518212856j:imageと組ませる分には普通にランド使ったほうが強いんだけど、ボーマンダf:id:megagoukazaru:20180518212929j:imageに関してはランドとの相性が死んでるので話が別。

立ち回りもほんとにランドもどきで、ミミッキュf:id:megagoukazaru:20180518222059j:imageに投げて蜻蛉押してマンダに繋ぐだけ。このとき皮の剥がれたミミッキュにマンダの攻撃を耐えられてしまっては意味がないのでマンダはA特化捨て身タックル。

他にも叩きや鬼火で相手を弱体化させてマンダの道を作るポケモン

使ってみてまあ弱くはなかったんだけど、やっぱり問題もいっぱい。

まず、根本的に1/2木の実と相性が良くない説。いやまあ悪いってことはないんだけど、例えばミミッキュに投げるって立ち回りをして、木の実で回復して体力半分で残った場合にコイツf:id:megagoukazaru:20180518222446j:imageはなんか電気とか地面の一貫切ったりとか色々出来そうだけど、こっちf:id:megagoukazaru:20180518222525j:imageは意味がないとまでは言わないけど、なんか半分で残されてもうーんって感じはする。

だからガオガエンの場合は1サイクル目で投げれる対象を増やす方が使いやすいのかもしれない。オボンとかにして努力値絞ってHBベースの眼鏡カプ•テテフf:id:megagoukazaru:20180518222658j:imageのムンフォ2耐えとか。若しくはいっそのこと単体パワー確保のためにZクリスタルとかもアリかも。

次に、マンダとの相性面でもちょっと問題。

頭おかしいレベルで水に弱いから
f:id:megagoukazaru:20180518222836j:image<ちっす
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:imagef:id:megagoukazaru:20180518222525j:image<ぎゃあああああ!!!
f:id:megagoukazaru:20180518222937j:image<ちっす
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:imagef:id:megagoukazaru:20180518222525j:image<ぐおおおおお!!!
f:id:megagoukazaru:20180518223036j:image<ちっす
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:imagef:id:megagoukazaru:20180518222525j:image<あばばばばば!!!
まあヤバイ。

そんで、今のご時世岩弱点2体でサイクル回すなんてそう簡単じゃなくて
f:id:megagoukazaru:20180518223154j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223217j:image<ご注文のステロになりまーす
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:imagef:id:megagoukazaru:20180518222525j:image<•••

ステロ撒かれて死ぬのがオチ。

そして、最後の問題がそもそも環境のミミッキュが弱い。
f:id:megagoukazaru:20180518223342j:image<AS無限暗夜or呪いでーす
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:image<ごちゃごちゃうるせぇ。

別にわざわざガオガエンなんか使うまでもなくマンダで勝てる。

と、まあ問題は山積みだったもののクッション性能の高い炎っていうだけで研究する価値のあるポケモンだったし実際可能性は感じたので誰か頑張ってほしい。

 

 

 

 

因みに、マンダの型A特化捨て身タックルにしたって言ったけどコイツがヤバくて、
f:id:megagoukazaru:20180518223154j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223618j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223633j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223648j:image<(ちょっとB甘えてるけど)大丈夫やろ。
f:id:megagoukazaru:20180518222857j:image<舐めるなよゴミ共
f:id:megagoukazaru:20180518223154j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223618j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223633j:imagef:id:megagoukazaru:20180518223648j:image<ちょっとタンマ、なんかおかしい。


相手の想定の外から特大火力を叩き込むのは中々爽快だった。

 

f:id:megagoukazaru:20180518212159p:plainアーゴヨン
f:id:megagoukazaru:20180518230717j:image
f:id:megagoukazaru:20180518230734j:image

調整意図

HD→C197霊獣ボルトロスf:id:megagoukazaru:20180518230810j:imageの+2スパーキングギガボルト(10万ボルト)が6.3%の低乱数1発

 

解説

一時期ちょびっとだけ話題になったチョッキアーゴヨン。カス技のせいでA0に出来ない悲しみを背負ったポケモン

リザYf:id:megagoukazaru:20180518230929j:imageとかレボルトf:id:megagoukazaru:20180518230949j:imageみたいなヤバイ奴らに適当に投げる。
それだけなら似たような耐性を持ちつつ、耐久種族値に優れ回復技もあるラティアスf:id:megagoukazaru:20180518231051j:imageでもよくね?ってなるんだけど、コイツの偉いところは水フェアリーf:id:megagoukazaru:20180518231155j:imagef:id:megagoukazaru:20180518231209j:imagef:id:megagoukazaru:20180518231225j:imageを一致で攻められたりナットレイf:id:megagoukazaru:20180518231301j:imageを燃やせたりするところ。

役割対象的には準速で十分なので控えめ。めざ岩は技スペ余ったから入れてみた。けど、結局リザYf:id:megagoukazaru:20180518231430j:imageには耐えられるし、ガモスf:id:megagoukazaru:20180518231452j:imageにも後出しからじゃ起点にされるしであれば便利だけど•••くらいの技だった。
チョッキ持たせてようやく無振りラティアスf:id:megagoukazaru:20180518231624j:imageとトントンという衝撃的な耐久力に最初は戸惑ったものの、テッカグヤf:id:megagoukazaru:20180518231710j:imageと組み合わせて比較的攻撃的なサイクルを形成出来る点やCブーストで場合によってはエースになる点は中々評価出来る性能だった。

配布白ベベノム余ってる人は作ってみたらいいかも。あ、まあめざパは地面で。

 

f:id:megagoukazaru:20180518212127p:plainトリトドン
f:id:megagoukazaru:20180519080855j:image
f:id:megagoukazaru:20180519080905j:image
調整意図

HB→A197メガメタグロスf:id:megagoukazaru:20180519080954j:imageの思念の頭突きが5.9%の低乱数2発(オボン回復非考慮)

HD→C147カプ•コケコf:id:megagoukazaru:20180519081109j:imageの草結びがオボン回復込みで23.4%の乱数2発

 

解説

環境メタ枠。最終構築にも入ってたポケモン

中盤以降あからさまに増えていたグロスヒレヒトムf:id:megagoukazaru:20180519081226j:imagef:id:megagoukazaru:20180519081258j:imagef:id:megagoukazaru:20180519081311j:image系統の並びに一体で大きく有利を取れるポケモン
カプ•レヒレf:id:megagoukazaru:20180519081358j:imageと一緒に選出することでヒトムf:id:megagoukazaru:20180519081426j:imageの毒をケアしつつ同時採用されることの多いサザンf:id:megagoukazaru:20180519081529j:imageジャラランガf:id:megagoukazaru:20180519081632j:imageも抑えられる。

また、テテフランドゲンガーf:id:megagoukazaru:20180519081737j:imagef:id:megagoukazaru:20180519081800j:imagef:id:megagoukazaru:20180519081817j:image系統はゲッコウガf:id:megagoukazaru:20180519081844j:imageが激流なので鋼タイプf:id:megagoukazaru:20180519081944j:imagef:id:megagoukazaru:20180519081907j:imageでテテフを牽制しながら立ち回るといい勝負が出来る。
 技はグロスコケコゲンガーf:id:megagoukazaru:20180519082033j:imagef:id:megagoukazaru:20180519082051j:imagef:id:megagoukazaru:20180519082107j:image辺りへの打点の大地の力、レヒレf:id:megagoukazaru:20180519082205j:imageへの遂行技の地割れ、回復技の自己再生、冷凍パンチ氷ケアの熱湯でスペースが埋まる。
メガボーマンダf:id:megagoukazaru:20180519082259j:imageへの打点の冷凍ビームやポリゴン2f:id:megagoukazaru:20180519082327j:imageに適当に打てる毒なんかも欲しかったが、どの技も使ったことや熱湯地割れの上振れである程度なんとかなると考えて採用を見送った。実際は全くなんともならなかったが()

これは割と強かった。強かったんだけど、気になったのが対レヒレ性能。B振りとかいう糞みたいな振り方をしている上に遂行技が地割れなので気分次第ではレヒレに普通に負けるのが難点。もっとDに振りたいんだけど、想像以上に思念グロスが多くてBを削れなかった•••

それと、マンダに無限に投げられるのも厳しいところ。いい感じの奴らf:id:megagoukazaru:20180519131526j:imagef:id:megagoukazaru:20180519131544j:imagef:id:megagoukazaru:20180519131609j:imagef:id:megagoukazaru:20180519131626j:imageが並んでるから出したいんだけど、肝心のマンダに弱すぎて立ち回りが窮屈。熱湯火傷?何それ美味しいの?

総じて中々不安定なポケモンだなぁと感じた。熱湯や地割れが2〜3回で都合良くいくなら間違いなく強いのだが•••レート差マッチが頻発する7世代環境で安定感の無さはそれだけで評価を落とす原因になる。

色々言ったけど目の付け所自体は悪くなかったと思ってるし、実際かなり頑張ってくれたから2000に連れて行ってあげたかった•••

 

それと、直接性能とは関係ないのだがコイツやたらと舐められるみたいです。

トリトドン対面での衝撃行動TOP3

3位

トドンスイクンf:id:megagoukazaru:20180519133720j:image対面熱湯

2位

トドンコケコf:id:megagoukazaru:20180519133746j:image対面ボルチェン

1位

トドンゲッコf:id:megagoukazaru:20180519133817j:image対面スーパーアクアトルネード

心臓飛び出た

 

 

 

 

 

 

 

 

長い構築記事書きたくないから単体考察的なのにしたのに結局なげぇじゃねぇかよこの野郎。

前々から文字だけだと読んでて疲れるっていうのを感じてたから今回くどくならない程度にアイコン突っ込んでみたんだけどどうなんだろ。色変えとか太文字とかもあるけどセンスないしなぁ。

 

割と面倒くさかったし不評なら今すぐにでもやめる。

さよなら

先に結論だけ。

このシーズン9を持ちまして、僕はポケモンのレーティングバトルを休止させて頂きます。

理由は、まあリアルのアレです。

 

これでこの記事の内容の8割くらいは終わりです。ちゃっちゃとブラウザバックして構築記事ラッシュにでも備えてろ。

 

 


f:id:megagoukazaru:20180515080058j:image

みなさんシーズン9お疲れ様でした、今シーズンは最高1972、最終は1850を切りました。最後のシーズンで2000チャレにすら辿り着けなかったのは死ぬほど悔しいですし、自分の実力不足っぷりに泣きたくなります。

構築記事はありません、ごめんなさい。書く気にもなれません。

 

今シーズンが最後ってのはもうずっと前から決めていたのでいつも以上に気合いを入れて挑んだんですが、ただただ空回りして結局最後までまともな構築を組めませんでした。

「絶対今期だけは勝つんだ!」っていう気持ちが強くなりすぎて、その気持ちとは裏腹に全く勝てない自分がいて•••

ひたすらに悩み苦しみ続けて、正直な話今ではポケモンが大嫌いになってしまいました。

 

最初はレートをやめるだけでツイッターは残そうかと思ったのですが、ポケモンが嫌いな上にこれからエアプになる人間がポケ勢と絡むのもおかしな話だと思うので今日中にアカウントを削除します。

夏頃に第二回フォトコンを開くって約束したのでその頃には一旦帰ってくる予定です。多分。

 

 

 

まあそんな感じで、今までありがとうございました。また会うことがあればよろしくお願いします。

 

~Special Thanks~

何度も通話に付き合ってくれたブライトンさん

シーズン途中穏やかヒードランを貸してくれたレイさん

第一回アローラフォトコンテスト結果発表

f:id:megagoukazaru:20180422203238j:image
みなさんこんにちは、割りばしです。

今回は、先日開催した第一回アローラフォトコンテストの結果発表になります。

沢山の方々から個性溢れる写真を頂けて非常に嬉しいです。その分審査も大変でしたが(^^;

前置きが長くなってもアレなので、早速入賞作品を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

~結果発表~

 

銅賞
f:id:megagoukazaru:20180422191413j:image

堕天使さんの作品

 

シンプルに可愛らしい作品に仕上がっているなという感想。

スタンプ、フレーム、ポケモンの表情や個体チョイス等全体でコンセプトがしっかりしているように感じました。

 

 

 

銀賞
f:id:megagoukazaru:20180422191626j:image

むしゅうさんの作品

 

タイトルは†月に吠える雷鳴†とのこと。

僕個人トレーナー抜きでの撮影はあまり高く評価していなかったのだが、今回はその予想を裏切ってポケモン単体でレベルの高い写真が多く投稿された。その中でこの作品が入賞。

装飾もかなりシンプルなのだが背景も含めて綺麗にまとまっており、純粋に「カッコいい」と思わせる作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

金賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:megagoukazaru:20180422192701j:image

G(o • ~ • o)myさんの作品!おめでとうございます!

 

取り敢えず、ズルい以外の感想が出てこない作品。

「かつては宿敵同士だったが、大いなる悪を倒すのに共闘する」とのこと。やかましいわ。

スタンプや配置、ポーズもしっかりしているが何と言ってもチョイスがズルい。オオタチて。色違いて。

どう考えてもバカ作品なのだがあと一歩で真面目作品になりそうな微妙なバランスに謎の感動が生まれてしまった。これに関してはオオタチというポケモンを参加可能にしたこと自体がミスだったのかもしれない。

 

 

 

 

以上、入賞した三作品でした。

ただ、入賞作以外にも個性豊かな沢山の1枚を投稿して頂き、僕自身とても楽しめました。
f:id:megagoukazaru:20180422200506j:image

↑何というか愛を感じる
f:id:megagoukazaru:20180422200532j:image

キテルグマスタンプを上手く使ってるなぁって印象
f:id:megagoukazaru:20180422200601j:image

ぬしポケモンインパクトすごいよね
f:id:megagoukazaru:20180422200621j:image

↑派手なスタンプを並べて荒々しい作品に仕上がっている
f:id:megagoukazaru:20180422200653j:image

↑綺麗かつ迫力も感じる1枚
f:id:megagoukazaru:20180422200746j:image

↑おじさんスタンプなかったら真面目作品なのにさぁ•••
f:id:megagoukazaru:20180422200821j:image

↑南無
f:id:megagoukazaru:20180422200839j:image

↑親子での投稿とのこと。入賞には至りませんでしたがよく出来ています。
f:id:megagoukazaru:20180422200929j:image

↑入賞作品のライボルトと同じく、ポケモン単体の魅力を追求した1枚。
f:id:megagoukazaru:20180422201009j:image

↑すごい可愛い
f:id:megagoukazaru:20180422201038j:image

ドサイドン先生ってことかな?
f:id:megagoukazaru:20180422201116j:image

↑かんしゃポケモンって感じがする
f:id:megagoukazaru:20180422201425j:image

↑典型的なバカ作品

 

 

~最後に~

今回参加してくださったみなさん、拡散してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

みなさんのお陰でこの企画は大成功に終わったと思います。

「第一回」と釘打った通り、第二回も開催予定ですので今回参加してくださったみなさんも、今回で興味を持ってくれたみなさんも是非是非ご参加ください!

みんなでアローラフォトクラブを楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓こっからくだらない話

今回この大会を開催するにあたっての話とか軽くしてみようかなと。もう全然面白くないんで興味ある人もない人も読まなくて大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大会って凄くいいですよね。勝っても負けても盛り上がってモチベにも繋がる。本当にいいものだと思います。

参加者側はとにかく楽しいし、主催者側も参加者どの交流や、ちょっと汚い話ですが知名度upなんかも期待できます。

要するに大会ってとにかくメリットが大きいんですが、対戦の大会となるとその分色々負担も大きいです。参加者側はスケジュールの管理や対戦相手の把握、構築の準備など。主催者側は参加者以上にその辺りの管理が重要になり、非常に負担がかかります。

対戦の大会は開くメリットも非常に大きいですがデメリットも決して小さくありません。

 

今回の大会はその面に関して言えば優れていると感じていて、参加者側への負担が非常に小さくなっています。なんたって写真撮ってぶん投げるだけですし。期間も長くとっているのでスケジュールの管理なんてものも特に気にする必要はないでしょう。

そもそもポケモンは秘密基地なんかを始め対戦以外の面でも色んなところが充実していて、そこに目を向けてみてもいいかなぁと思います(今作で言うならマンタインサーフとかウルトラワープライドとか。)まあ、偉そうなこと言ってる割に僕もアローラフォトクラブにハマったのは最近なのですが()

何が言いたいかと言うと、もっとこういう対戦以外の大会も開催されてもいいかなぁと思ってるんですよね。これによってポケモン対戦のモチベに繋がる•••かはともかく、少なくともポケモンというゲーム自体のモチベには繋がるはずですしね。

決して対戦の大会より優れてるとかそういうことを言いたい訳ではありません。あの熱さには正直及ばないと思います。が、手軽さを売りにしてワイワイ楽しめる大会って、それもアリだとは思いませんか?

もしそういう大会を開くというなら僕なんかで良ければ幾らでも相談に乗ります。何なら僕以外の人がアローラフォトコンテストを開催してくれてもいいんですよ?

 

 

 

 

 

と、ちょっと話は変わりますが第二回のことを少し。

開催時期は未定ですが、第二回では「コンテスト」という名に恥じないように審査員も用意したいんですよね。何人かで評価するとかもいいですし、審査員特別賞なんかも作りたいですしね。

そんなわけで、ちょっとでも興味あるとかそんな人がいれば声をかけていただけると嬉しいかな〜なんて思ったり思わなかったりします。

 

 

 

よくわからない話をグダグダと失礼しました。ここまで読んでくださった方がいるかはわかりませんが、本当にありがとうございました。