大空の支配者

自称サイクル勢の日記。マンダ軸中心。

TOP

f:id:megagoukazaru:20170625164334j:plainf:id:megagoukazaru:20170625164456j:plain
f:id:megagoukazaru:20170625164527j:plain
ポケモンが大好きな割りばしと申します。
ポケモンについて思ったことを書いていきたいと思います。
まだまだ未熟者ですがよろしくお願いします。

もしブログをリンク貼りたい人とかいればご自由に。

Twitter
@waribashi114514

構築
ORAS
シーズン15使用構築~優しい精霊と踊る暴龍~最高&最終2014 - 大空の支配者
SM
鉄壁サイクルテッカマンダX 最高2017/最終1874 - 大空の支配者

Diary 2018 1/19

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

•••ちゃうねん、記事あげようとは思ってたけどネタなかってん。

 

•わーいわーい!
f:id:megagoukazaru:20180119204422j:image

ギリッギリだけど2000達成しました!

序盤に1970まで到達して、「あー、こりゃ今期やったわw」とか余裕ぶっこいてたらいつの間にか1650へ。

しかもそのまま全く上がれず、ほんとに死ぬかと思いました。

それから毎日のように潜り続け、欠点を修正し続け何とか達成した2000。

構築の完成度はお世辞にも高いとは言えませんが、頑張ったしいつもとは一味違う感じになってるのでよろしければ読んでやってください。

 

グライオン
f:id:megagoukazaru:20180119204739j:image

めっちゃシンプルに、コイツ強すぎね?って話。

間違いなく受けサイクルを強固にしているポケモンで、なおかつ受けサイクルに強いポケモン

今期マンダを使わなかったからこそわかるんだけど、コイツの毒ギロチンの試行回数を強引に稼ぐプレイングは受けサイクルからしてほんとに脅威で中々上手くいなしきれない。

これからは身代わり持ちのポケモンをもっともっと考察していきたいところ。

 

ところで、風船ガルドってポケモンがコイツを完封できるらしいっすよ。強いかは知らんけど。

 

今年お世話になったポケモン達

年末にありがちな一年間のまとめみたいな記事書こうとしたけど、ちょっと前の俺がSMの終わりに記事書いちまったせいでそれが出来なくなっちゃいました。アホかよ。

てなわけで、今回は今年僕がお世話になったポケモンを適当にまとめていこうかなと思います。

 

メガボーマンダ
f:id:megagoukazaru:20171230085724j:image

ORASの頃からの戦友。

このポケモンにはありがとうと共にごめんなさいも言わなきゃならない。

まずありがとう。

対戦面で暴力的な数値で数々の逆転を生んでくれたし、このポケモンを使い続けたお陰で多くの人と繋がることができた。

そしてごめんなさい。

このポケモンについて語ったとある記事が僕の表現力の低さのせいで大炎上してしまった。あの時の僕は本当に愚かだったと反省してるし、あの失敗をバネにしていきたい。

来年もきっとお世話になると思います。

 

メガゲンガー
f:id:megagoukazaru:20171230090210j:image

対戦面で言えば、実はボーマンダ以上に頑張ってくれた疑惑があるポケモン

対策しきれない相手をこのポケモンのチート特性や優秀な技で無理矢理誤魔化すことで対処するってのも多かったし、抜きエースとしても使いやすく単純に構築の完成度の底上げに一役買ってくれた。

それとこのポケモンのお陰で某大会に参加出来て、そして参加者の方々と仲良くなれた。

あんまり強いから頼ったら負けみたいな感じで自分の中でちょっと思ってるんだけど、きっと来年も使ってるだろうね。

 

テッカグヤ
f:id:megagoukazaru:20171230091128j:image

初めて使ったときからその使いやすさと見た目の可愛さに魅了され、以後ずっと使い続けることになった影の相棒。

耐性強いわ宿り木強いわ炎技強いわ僕の構築の守護神として大活躍してくれました。

実は、このポケモンの色厳選がしたいために今まで全くやったことがなかった図鑑埋めをしています。絶対捕まえてやるぜ!

 

•カプ•ブルル
f:id:megagoukazaru:20171230201900j:image

SM後半戦を支えてくれたポケモン

フィールドを利用した戦い方や対面性能の高さで押し潰す戦い方等を教えてくれた。

反面草タイプ故の難しさや地震弱体化等の小さくないデメリットもあり、今まで以上に構築難易度が上がったのも事実。でも、だからこそ楽しい!

 

 

 

もちろん、この4匹以外にも感謝すべきポケモンはほんとに沢山います。
f:id:megagoukazaru:20171230202742j:imagef:id:megagoukazaru:20171230202801j:image
f:id:megagoukazaru:20171230202825j:imagef:id:megagoukazaru:20171230202841j:image
f:id:megagoukazaru:20171230202940j:imagef:id:megagoukazaru:20171230202914j:image
f:id:megagoukazaru:20171230203312j:imagef:id:megagoukazaru:20171230202952j:image

マンダ一辺倒だったORASと比べれば比較的色んなポケモンを使いましたね。

 

僕の甘さを嫌というほど教えてくれた憎き宿敵達にも感謝!
f:id:megagoukazaru:20171230203423j:imagef:id:megagoukazaru:20171230203444j:image
f:id:megagoukazaru:20171230203506j:imagef:id:megagoukazaru:20171230203527j:image
f:id:megagoukazaru:20171230203715j:imagef:id:megagoukazaru:20171230203727j:image
f:id:megagoukazaru:20171230203801j:imagef:id:megagoukazaru:20171230203821j:image

 

伝わる人少ないかもだけど
f:id:megagoukazaru:20171230204134j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204139j:image
f:id:megagoukazaru:20171230204212j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204227j:image
f:id:megagoukazaru:20171230204240j:imagef:id:megagoukazaru:20171230203444j:image
f:id:megagoukazaru:20171230204259j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204312j:image

f:id:megagoukazaru:20171230201900j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204520j:image
f:id:megagoukazaru:20171230204526j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204534j:image
f:id:megagoukazaru:20171230204849j:imagef:id:megagoukazaru:20171230204855j:image
f:id:megagoukazaru:20171230205225j:imagef:id:megagoukazaru:20171230205231j:image
f:id:megagoukazaru:20171230203527j:imagef:id:megagoukazaru:20171230202914j:image
こんなポケモン達にも感謝だねw

 

というわけで、2017年も対戦ありがとうございました!

2018年、対戦よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん
f:id:megagoukazaru:20171230204149j:image

僕もまだまだ成長していきます!

アーゴヨンについての色々

みなさんこんにちは、割りばしです。

今回は完全に出遅れましたがウルトラサン、ウルトラムーンの新規ウルトラビーストであるアーゴヨンについての考察です。

 

・基本データ

f:id:megagoukazaru:20171128073946j:image

73/73/73/127/73/121

メガボーマンダを抜けるSとそこそこのCが特徴のウルトラビースト

121は現環境でかなり速い部類で、多くの相手を上から叩くことが出来る。

更にコイツの偉いところは、自分より速いメガゲンガーやカプ・コケコにもあまり不利をとらないこと。高速アタッカーの対策のひとつである「更に速いアタッカーで上から縛る」に対して最低限は耐性があると言える。(ゲッコウガやスカーフ等には弱い)

そして、このポケモンの習得技で特筆に値するのが大文字(火炎放射)と悪巧み。

炎技を覚えるお陰で鋼にしっかり打点を持てるだけでなく、悪巧みでCをあげて全抜きを狙えるのが強すぎる。自分より速いポケモンにそこまで不利をとらないだけでなく、悪巧みで自分より遅いポケモンを叩き潰すことも可能。ビーストブーストも相まって、かなり止めづらいアタッカーであるのは間違いないだろう。

ただし、耐久は低め。耐性は悪くないとはいえ過信は禁物。

 

 

 

・・・今更だけどさ、もう発売から1週間以上経ってるのにこの説明必要ないよね。

 

 

・型考察

・悪巧み型

悪巧みで火力をあげて全抜きを狙うor受け回し系の半壊を狙う、(恐らく)アーゴヨンの基本型。

耐久種族値が低いので、どんな相手を起点にしたいか考えてPT単位での調整が必要に感じる。

 

パターンA

f:id:megagoukazaru:20171128174933j:image

調整意図

H→地球投げ確定3耐え

B<D

 

解説

調整と言っていいのか怪しい、くっそスタンダードなアーゴヨン

C+6Z流星群でD252ラッキーが吹き飛ぶので、受けループを崩せる可能性を考慮すると投げ対策はしといた方がよさそう。

C+2大文字でH振りガルドも消し炭なので鋼でも止まらない。

一体倒せばSがあがるのでスカーフでも抜けず、手がつけられなくなる。

問題は、どうやって悪巧みを積むか。

 

パターンB
f:id:megagoukazaru:20171128175859j:image

調整意図

HB→身代わり+特化ミミッキュのじゃれ影を両方最高乱数以外耐え

S→最速ミミッキュ抜き

 

解説

ミミッキュを殺すことに命を懸けるアーゴヨン

身代わりは低速サイクルに刺さるかもしれないし、何かと役に立ちそう。

因みに、毒ZはH4ミミッキュが最低乱数切って死ぬ程度の火力。要はH振られてると普通に耐えられて試合終了。ちゃんとヘド爆で毒引けるように神社でお祈りしてから使いましょう。

 

パターンC
f:id:megagoukazaru:20171128180257j:image

HB→特化メガバシャーモの飛び膝が0.4%の超低乱数2発

S→準速100族抜き

 

解説

更に耐久を伸ばしたアーゴヨン。耐性を活かして最低限のサイクル参加は出来るかもしれない。

低速サイクルの崩しにターゲットを絞るならSはこの程度でも十分かもしれない。Zは気分で。

計算してて思ったんだけど、コイツH振っただけじゃ全然耐久足りないし、やるならこんくらい振った方がいい気がする。

 

 ・スカーフ型

高いSを更に伸ばして、スカーフ合戦に対抗する型。

テテフやガブのスカーフに縛られなくなるのが利点。


f:id:megagoukazaru:20171128193925j:image

調整意図

特に無し。奇数にしてB<Dにしただけ。

 

解説

めっちゃ普通だけど、多分こんなんがベターな気がする。

最速にしても1舞メガボーマンダを抜けるとかスカーフアーゴヨンミラー出来るとかそんくらいしか旨味がない。補正かければCをブースト出来るから抜き性能もあがるし。

かなり速いけど、パルに礫で縛られたりガモスに普通に起点にされたりと、ガブとかロイドみたいなストッパーとしてみるとそこまで強くない気がする。あくまで終盤の掃除役として動かすことを意識したい。

 

・毒守型

起源主張します。多分弱いです。

毒タイプだから毒必中だし、S速いし、炎技も覚える。ここだけ書くと強そう。

現実は耐久いじめたいだけなら悪巧みで全部事足りる。


f:id:megagoukazaru:20171128194528j:image

調整意図

C→放射でH振り剣ガルドを最低乱数切り1発

 

解説

5分クオリティ。

大文字にしてC削るとか、そもそもガルド諦めるとか、身代わりを一致のどっちかにするとかその辺はもうお好みで。俺はもうしらん。

 

 

 

恐らく、耐久に振った悪巧み型が徐々に開拓されていくと思うので、今の内に対策ポケモン考えといてもいいかと思います。

 

 

 

・サイクル構築からみたアーゴヨン

これだけで終わってたら、わざわざこんな時期にこんな記事をあげる意味なんてないわけで。

ここからは少し踏み込んだ話。

アーゴヨンの存在が判明したとき、サイクル構築を使ってる人からは悲鳴が上がっていた。

「悪巧み積んだコイツどうやって止めるねん!」「範囲おかしいやろアホ!」

こんな感じで、もうサイクルオワタ・・・みたいな意見がみられた。

僕もコイツはキッツイと思う。火力ないサイクル構築なら起点にされることも少なくないし、積まれたらほんとに止めづらい。

じゃあ、ほんとにコイツがサイクル構築を終わらせるのか。それについて少し考えてみた。

鍵を握るのはヒードランゲッコウガボルトロスの3匹。

 

ヒードラン
f:id:megagoukazaru:20171128195347j:image

言わずもがな、アーゴヨン対策筆頭。

めざ地以外の全ての技に対応出来て、大地や鋼Zで返り討ちに出来る。

ただ、このポケモンは昔から得意不得意がはっきりしていて、サイクルを回す構築でこそ真価を発揮するポケモンと認識されている。

要は、このポケモンが強い=サイクルパも最低限のパワーを保ち続けるという事になる説は無くはない。

 

ゲッコウガ
f:id:megagoukazaru:20171128195740j:image

もし、もしも仮にアーゴヨンが圧倒的トップメタに登り詰めた場合、このポケモンがスカーフや襷を持つ機会が増えるかもしれない。

これらのアイテムも厄介ではあるけど、Zよりは幾分か受けやすいはず。

 

ボルトロス
f:id:megagoukazaru:20171128200208j:image

悪巧みエースとしてアーゴヨンと競合する上に、そのアーゴヨンに弱いこのポケモンが評価を落とす可能性は十分にある。

低速サイクルキラーとして有名なこのポケモンが少なくなるかもしれないってのは朗報だと思う。その代わりに別の悪巧みエースが誕生した訳だけど()

 

 

つまり、確かにアーゴヨンはサイクルパにとってヤバイけど、マイナスばっかりじゃなくてちゃんと追い風も吹かしてくれてるからまだまだ頑張ろうぜ!みたいな事が言いたかった。完

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・最後に

f:id:megagoukazaru:20171128200715j:image

さっき漸くめざ地ベベノムの厳選が終わりました。

つまり、僕はまだアーゴヨンに触れたことがありません。

・・・「机上論記事とか読んで損したわ!時間返せ!」と言われても知りません。

ウルトラムーンクリア構築

やっとこさウルトラムーンクリアしました!

今回はかなりのんびりストーリーを楽しみながらクリアしたので、使用したポケモン達でも紹介してみたいと思います。
f:id:megagoukazaru:20171121224230j:image

 

~僕と一緒にアローラで戦い抜いたポケモン達~

ゴウカザル
f:id:megagoukazaru:20171121224320j:image

!?

いや、実はね。

今回やたらと公式で「集大成!」みたいなこと言ってたじゃないすか?

折角そんだけ集大成集大成言うなら僕の最初のパートナーのヒコザルと一緒に旅してみようって発売前から決めてまして。

預かり屋に到着したら速攻でヒコザルの卵を作りましたよ。

厳選とかしても微妙かなぁって思って赤い糸も変わらずの石も使わずの1発勝負。結果無補正と中々悪くないの引いちゃいました。しかも親適当に選んだせいで色々遺伝しちゃっててさあ大変。序盤で熱風は明らかに強すぎました。

持ち前の素早さと範囲でしっかりと暴れてくれましたね。クリア時は炎Zでしたが、全力無双激烈拳もめっちゃかっこよかったです。

ムーンの頃に全滅させられたラランテスを地獄に葬ったのと、最後の試練のアブリボンに詰まされかけた時にギリギリで耐えて熱風急所でぶっ飛ばしたのが個人的にメチャクチャ熱かったです。

 

アシレーヌ
f:id:megagoukazaru:20171121225033j:image

安定のアシレーヌ

レートでも愛用してたし見た目も一番好きだし安定感も高いしで即決でした。特に粘るつもりもなかったのですが、1発で図太い♀を引き当てるという神引き。もし図太い個体必要になったらこいつに王冠使いましょうかね。

凍える風を覚えてくれたのが地味によろしかったです。低レベルの時に草への打点としてそこそこ優秀でした。

ネクロズマを突破してアローラに光を取り戻したポケモンです。あと、ダブルバトルの時にアリアでゴウカザルを巻き込んだのも印象的でした。

 

アーボック
f:id:megagoukazaru:20171121225439j:image

威嚇が素晴らしすぎると感じて採用。

ポケモンをはじめとする強敵相手にはコイツの威嚇+蛇睨みによる弱体化が必要不可欠でした。要するに生け贄です。

まともな毒技を覚えるのがアホみたいに遅いのも記憶に残っています。毒針ってお前。

 

ユンゲラー
f:id:megagoukazaru:20171121225656j:image

序~中盤のチート枠。

ケーシィの時は全く役にたちませんが、我慢して進化させれば非常に強力です。メインウエポンが威力20の念力ですが、高いCのお陰で火力不足を感じさせません。

更に少し育てるとサイケ光線を覚えます。進め方にもよりますが大抵一致40とか不一致50がザラの時期に一致65は完全にバランスブレイカーです。

そんな感じで無双出来ますが、終盤になってくるとやはり最終形態ではないのが足を引っ張って徐々に力不足を感じてはきます。愛着湧いてきちゃったんで最後まで使いましたがね。

通信交換してフーディンにしてやれば最終盤でもしっかり活躍してくれるでしょうね。個人的に今作の攻略オススメポケモンです。

 

スワンナ
f:id:megagoukazaru:20171121230318j:image

ウルトラスペースで出会って、即戦力として投入したポケモン

なのだが、足が遅いわ耐久低いわメインウエポンの癖が強いわで全く役に立ちませんでした。

カラマネロと交代で投入したんですが、カラマネロに謝りたいです。

 

クワガノン
f:id:megagoukazaru:20171121230515j:image

見た目がカッコいいから採用。

ぶっちゃけ使い勝手はかなり悪いので、ジバコイル辺りの方がいいとは思います。このPTエスパーや飛行が重いですし。

ただ、やっぱり見た目がカッコいい。それ以上の理由は必要なかったです。

火力はそこそこですし、死に出しならしっかり一体持っていくことは出来ます。足の遅さに注意して立ち回りました。

 

 

こんな感じでのんびりやってました。道中のポケモンはみんな捕まえるし、寄り道もガンガンするし、サーファーにもなりました。

ストーリーは満喫出来ましたし、そろそろレートの準備を進めていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・最近、こんな感じの記事ばっかですいませんね。愛用してるダメ計アプリがUSMに対応したら単体考察とかもしていくつもりなので気長にお待ちください。

ごちうさ映画みてきたぜって話

みなさんこんにちは、割りばしです。

いよいよUSMが発売されて、みなさんポケモン熱が高まってきていますかね。僕もストーリー楽しんでます。

 

というわけで、今回はごちうさ映画の感想でも言っていこうかと思います。

ネタバレは殆どないので安心してください。てか踏み込まないので面白くないと思います()
f:id:megagoukazaru:20171119112332j:image

 

・上映前

上映会場がしぼられてるからかかなり満員でしたね。予約しないとかいう舐めプかましたせいで危なかったです()

周りを見回してみるとテンプレ眼鏡オタクだらけでなるほどなぁってなりました。

あと、隣の人がポケモンやってて話しかけそうになりました。

 

・本編感想

良くも悪くもごちうさだなって感じでした。

あくまでオリジナルストーリーと言ってた通り、映画感はあまりしませんでした。

まず、上映時間が一時間程度と比較的短めです。あくまでアニメなんだなぁって。でも、最初の宣伝みたいなのは他の映画とおんなじくらいガッツリ時間使ってきます。やりやがったなって感じです。

で、肝心の内容ですが原作5巻がベースでしたね。個人的にこの辺の話好きだったんで、アニメでしっかり楽しめたって人にはオススメ出来ます。が、逆にアニメみてなくてここからみてみようって人にはちょっとキッツイかもしれません。うまく言葉に出来ないんだけどさ。

ただ、全体的にほっこりできるごちうさの感じは存分に発揮されてましたね。みてて癒されるのは間違いないです。チノちゃんのボソボソ声は映画館で聞くとまた別の可愛さがあります。

 

まとめると、「アニメ本当に好きだった!もっとみてみたい!」って人には絶対にみて損はない作品になってると思います。僕も何だかんだ言ってるけどめっちゃ面白かったしニヤニヤ出来たんで。

アニメはみてないけど興味はあるって人は、取り敢えずニコ動とかで無料配信されてる1羽だけでもみてから考えることをオススメします。それで「いいなぁ」ってなったら多分問題ないです。

そんな感じでした。

 

・最後に

パンフレットすげーよかったからこれだけでも買って帰れ。

 

終わりと始まり

みなさんこんにちは、割りばしです。

今回は、SMのまとめ的なのをやっていきたいと思います。

とはいえ、またすぐにUSMは始まりますし、世代を跨ぐわけでもないのでかるーく振り返りをしてUSMに繋ぐ感じで。

 

 

 

SMは本当に色んなことがありました。

まずは色んな人に出会えたことですかね。特に大会で。フーゲン合戦で戦った人達は今では大切なフォロワーさんです。

更に、SMの対戦環境。トップメガのパワー低下やZ技の導入等によって使えるポケモンの幅が本当に広がったように感じます。

それをどうとらえるかは人によるかと思いますが、僕は本当に楽しかったですね。やっぱり、色んなポケモンと戦えるのは新発見も多いですし、対策が大変なことを差し引いても様々なポケモンが活躍出来る環境は最高でした。

ポケモンの幅だけでなく戦術も。対面、積み、サイクルの三竦みは(シーズンによって多少偏ることはあったけど)結局どれか1つが飛び抜けるということはなくバランスがよかったです。自分にあったスタイルを貫くことが出来る、対戦ゲームとしてこんなに素晴らしいことはないんじゃないでしょうか?

 

そして、それによって沢山のことを学びました。

まず、自分を信じること。

個性的な方々と出会ったことによって、自分の意見に少し自信を持つことを覚えました。

時には対立してしまうこともありましたが、それでもこの変化は僕にとって本当に大きかったと思います。

間違ってもいい。だってゲームだもん。間違っても、それを認めれば何回だってやり直せる。

 

そして、努力は無駄になることも多いけど、それでも動かないよりはマシなこと。

努力しても努力しても報われないことなんて幾らでもあります。でも、その失敗がいつか役に立つ。そう信じて戦い続けることを学びました。

ポケモンなんて直ぐに環境変わっちゃいますからね。常に頑張らないと置いてかれちゃいます。

 

 

 

逆に、SMで自分に足りないものも沢山あると感じました。

USMでは今以上に頑張ってもっと沢山のことを学び、もっと強くなって、そして7世代の最後に「第7世代最高だった!」と言えるような、そんなトレーナーになりたいと思います。

みなさん、本当にありがとうございました!

USMでもよろしくお願いします!
f:id:megagoukazaru:20171113203026j:image

 

・レート

シーズン1

未参加

 

シーズン2 最高1970
f:id:megagoukazaru:20171111070517j:imagef:id:megagoukazaru:20171111070715j:imagef:id:megagoukazaru:20171111070753j:imagef:id:megagoukazaru:20171111072449j:imagef:id:megagoukazaru:20171111072634j:imagef:id:megagoukazaru:20171111072744j:image

 

シーズン3 最高2017
f:id:megagoukazaru:20171111072818j:imagef:id:megagoukazaru:20171111072838j:imagef:id:megagoukazaru:20171111072942j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073020j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073041j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073054j:image

 

シーズン4 最高1894
f:id:megagoukazaru:20171111073234j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073844j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073908j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073930j:imagef:id:megagoukazaru:20171111073943j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074007j:image

 

シーズン5 最高1940
f:id:megagoukazaru:20171111074034j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074056j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074206j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074242j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074257j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074312j:image

 

シーズン6 最高2003
f:id:megagoukazaru:20171111074344j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074421j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074459j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074521j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074533j:imagef:id:megagoukazaru:20171111074550j:image

 

・大会

フーゲン合戦 準優勝

f:id:megagoukazaru:20171111074533j:imagef:id:megagoukazaru:20171111125831j:imagef:id:megagoukazaru:20171111125846j:imagef:id:megagoukazaru:20171111125901j:imagef:id:megagoukazaru:20171111125933j:imagef:id:megagoukazaru:20171111125947j:image

 

 

Special Thanks 

僕と関わってくれた全ての方々